メアリと魔女の花をネタバレ考察!たったひとつの嘘と大事件って何?

投稿日:

メアリと魔女の花をネタバレ考察!たったひとつの嘘と大事件って何?

映画『メアリと魔女の花』を考察!

メアリがついた『たったひとつの嘘・巻き起こした事件』って何?

 

物語のあらすじや、不思議な力を持つ花『夜間飛行』の秘密

登場人物の謎を含め、ストーリーの全貌をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

『メアリと魔女の花』あらすじ

大叔母が住む、退屈で静かな田舎の館へ
一時的に滞在することになった、11歳の少女メアリ

楽しみのない生活に飽きていたある日のこと

メアリは少年ピーターと出会い、彼の飼い猫である
『黒猫ティブ』と『灰色の猫ギブ』導かれ森の中へ

メアリはぶどうのような色の花を見つけ
これは7年に一度しか咲かない、魔女の国から盗み出された
不思議な花『夜間飛行』だと、庭師のゼベディから教えられる

普通の小さなほうきでも『夜間飛行の花の汁』がつくと
すぐさま『空飛ぶほうき』へ早変わり

このほうきにさらわれるような形で、黒猫ティブとともに
『雲の向こうの不思議な世界』へ連れ出され

『魔女になる一夜の冒険』が始まる

その後は『魔法使いの学校・エンドア大学』に辿り着くが
そこで行われている魔法は、奇妙なことばかり・・

元の世界に戻ろうとするも
大事件を巻き起こしてしまうメアリは、どうなってしまうのか?

メアリは何も取り柄がない普通の女の子。

『魔女になる一夜の冒険』によって、内に秘めた勇気とともに成長していく物語です。

 

メアリと魔女ノ花はジブリじゃない?魔女の宅急便と先輩魔女のパクリ?

たったひとつの嘘と大事件って何?

 

たったひとつの嘘がすべてを変えてしまう

予告動画にあったこの文字・・

メアリがついた『たったひとつの嘘』せいで

ピーターは大事件に巻き込まれてしまいます。

 

※ここからネタバレ

メアリは魔法学校のエンドア大学で『自分は魔法が使える』と嘘をつく。

これは不思議な力を持つ花『夜間飛行』を持っているだけ。

 

最初はメアリを新入生だと歓迎した『校長マダム』も

メアリがこの花を持っていると知り、それを奪い返すために

仲間のピーターを『魔法変身術の実験台』として大学の檻に閉じ込めることに。

 

実はこの『夜間飛行』は何者かによって盗み出され

エンドア大学の校長らは、長い間この花を探し続けていました。

 

メアリと魔女の花の舞台場所は?あの森やエンドア大学はどこがモデル?

映画のネタバレと考察

不思議な花『夜間飛行』を見つけた、その日の夜
メアリの部屋に、怯えた様子の『黒猫ティブ』が現れるが
すぐさま、目の前から立ち去ってしまう

翌朝『黒猫ティブ』『灰色の猫ギブ』
行方が分からなくなり、ピーターが探し回っていた

昨夜の不思議な様子を思い出し
彼らは『夜間飛行』を見つけた場所にいると考え
メアリは霧のたつ薄暗い森へ進む

そして『黒猫ティブ』の姿を発見するも
ティブは、メアリに小さなほうきへ『夜間飛行の花の汁』つけさせ
これが『空飛ぶほうき』へ変わってしまう

メアリと黒猫ティブは、ほうきに連れさられ魔法の世界へ

 

その後は『魔法使いのエンドア大学』に辿り着き
校長には100年に一人の天才だ』と歓迎され
成り行きで魔法学校の誘いを受けてしまうメアリ

メアリを新入生だと思い込んでいた校長は
次第に、夜間飛行の花を奪うことが目的となっていく

そしてエンドア大学で行われている魔法は
『牛乳を腐らせる・牛の乳を出なくさせる』など奇妙なものばかり

動物実験のような光景を目にしたメアリは
『入学する手続きだけを終え、魔法学校から逃げ去り
もう二度と戻らなければ大丈夫』と考え出す

 

しかし、メアリがエンドア大学へ行くのと同時に
ピーターが行方不明になっていることに気づく

そしてエンドア大学の『校長マダム』は、夜間飛行の花と引き換えに
ピーターを返すと話すが、校長マダムたちは約束を破り
一方的に夜間飛行を取り上げてしまう

 

『変身術の実験台』として、檻に閉じ込められるメアリ

しかしそこには、行方不明になり魔法をかけられた
『灰色の猫ギブ』『ピーター』や様々な動物たちの姿を見つける

実は『黒猫ティブ』と『灰色の猫ギブ』は兄弟関係で
兄のギブを救うため、弟のティブがメアリへ助けを求めていたのだ

 

そしてメアリはエンドア大学で、こっそり盗んでいた
『呪文の神髄』の本で魔法の呪いを解き
仲間たちを元の姿へ戻すことに成功

すぐに脱出を試みるものの
ピーターが校長マダムに捕まってしまう

『俺のことはいいからひとりで行け!』と言い出すピーター
メアリだけが、再度元の世界へ引き返すことに

すぐさま、ほうきへ乗り込むが
なぜか知らない一軒屋の家に到着してしまう

 

しかしそこにいたのは、メアリの大叔母シャーロット

実は大叔母が昔、偶然夜間飛行を見つけたことで『校長マダム』が豹変
実験の過ちを繰り返させないよう、大叔母が夜間飛行を盗み出したのが事の始まり

メアリが森で見つけた花は、大叔母が逃げる際に落とした『花の種が成長したもの』だった

事件の全容が分かったところで、メアリは家を出る時に落とした夜間飛行の花一房を
大叔母シャーロットから、鏡を使って手渡される

 

そしてピーターの所に行けば、二度と家に戻れないことを承知で
助けに行くことを決意

しかしここで、メアリを追いかけてきた『校長マダム』の姿が

魔法でやられてしまうと思われたその瞬間

メアリが『呪文の神髄』の本で助けた動物たちが登場
今度は彼らがメアリを救ってくれることに

そして『校長マダム』が攻撃の衝撃で落とした
『呪文の神髄』の本を使って解呪を行おうとする

メアリはピーターに手を出すよう言い放ち、その手を本のページにつけると
解呪の魔法が発動

無事に2人で協力し、事態を解決させたというストーリー

黒猫ティブがメアリに助けを求めた所は

『この子なら兄猫のギブを救える』と見越した判断に思えます。

いなくなってしまった大切な存在への『兄弟愛』です。

 

不思議な花『夜間飛行』は、大叔母によって事態を急変させていたのですね。

メアリが偶然この花を見つけられたのも『魔女の血筋』があったと思われる展開です。

画像:(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

まとめ

メアリは魔法学校のエンドア大学で『自分は魔法が使える』と嘘をつく。これは不思議な力を持つ花『夜間飛行』を持っているだけ。

『校長マダム』メアリが持っている花を奪い返すため、ピーターを『魔法変身術の実験台』として大学の檻に閉じ込められてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© 旅行×旅りょこうたび│ディズニーとエンタメの新しい世界 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.