留学は損得ではない?優柔不断が成功に繋がる意外な理由とは

更新日:

留学は損得ではない?優柔不断が成功に繋がる意外な理由とは

留学に行くかは損得で選ぶものではない?

優柔不断な方が成功する「意外な理由」とは何なのでしょうか。

 

留学に行こうか悩んでいるし・・年齢は関係ある?

行ってもきちんと英語が話せるそうになるか不安。

と思っている方は、是非参考にしていただきたいです!!

 

学生はもちろん社会人の方、留学に行くことが決まっている方にもおすすめですよ(^^)

 

スポンサーリンク

損をするのは本当に悪いことなのか

 

留学で損をする状況とは

1年間海外へ行っていたのに、英語が全然話せるようにならなかった。

高い時期を選んだので、金銭的にもったいないことをした。

 

これに共通することとして、まず留学へ行ったことにより

少なからず今の自分の経験に繋がっているということ。

 

損をしたと思えばそれまでですが、今まで興味のなかったことが知識になったり

留学前より英語への抵抗が薄れているはずです。

 

私がいつも思うのは

英語が話せる基準とはいったい何なのか!

 

ネイティブの人と不自由なく会話が出来るようになる。

英語の新聞や本が読めるようになる。

このように、さまざまな基準がありますね!

 

全然できないと思っている方は

もしかしたら、自分へのハードルを高くしている可能性があります。

 

しかし他の人から見れば

「やっぱり留学に行った人は違う!!」

「留学に行ったらこうなれるんだ!!」と

言葉で発さなくても、あなたをうらやましがっているかもしれません。

 

英語力・金銭的に納得はしていなくても

どこかで得な扱いを受けている可能性があると思うんです。

 

そう考えると、損は悪いことだけではないように考えられますよね(^^)

 

年齢で諦めている方へ

 

私が通っていた学校は、母国で学生をやっている子が少なく、日本人で数人いるほど。

意外にも他の国からの人は、会社に勤めている(いた)ケースが多かったのです。

転職のタイミングで来たり、現地でアルバイトをしながら学校に通うパターンですね。

 

先生より年上の生徒がいることもざら。

なので年齢で諦めてしまうのは、とてももったいないことです。

 

もし不安であれば、どんな国からどの年齢層が生徒で来ているのか

申し込み前に確認することをおすすめします。

 

行ってから後悔するよりかは、不安を少しでもなくしたいですよね!

 

優柔不断は「迷ったら行動」で成功に繋がる?

 

留学中の話しですが、同じクラスに大阪出身の3歳年上の男友達ができました。

ある日「オペラ座の怪人」のミュージカルを観に行こうと別の友達に誘われ

私が行くかどうかを何となく迷っていました。

 

それを見ていた大阪の子は・・

「行きたいなら行けばええやんっ!!!」

 

今思えばとっても簡単なこと!笑

 

普段その子は長く悩むようなことがないらしく、決断がとにかく早い人でした。

やりたいならやる。
ひらめいたら行動するみたいな。

 

すぐに決められそうでも、なかなか踏み出せないことってありますよね?

私はギリギリまで決断をしない癖があるので

たまにはこういう感覚で決めるのもおもしろいなと思いました(^^)

 

たとえ失敗をしても

「自分がその時にこう思ったのだから仕方ない」

前向きに考えれば、不思議と後悔も少なくなる気がします。

 

留学はお金もかかるし、ひらめきだけで決められない・・

ミュージカルに行くことと一緒にしちゃダメでしょ!!

という声が聞こえそうですが

 

結局は行くか行かないかの二択。

チャンスがあると思うなら、正直に行きたい気持ちを行動にしてみる。

そんな考えが留学にはぴったりだと思います。

 

留学先はどこが良い?

肝心な留学先ですが、国や地域は正直どこでも良い気がします。

好きな国じゃないとテンションも上がらないです!笑

 

私はイギリスだったのですが

父が学生時代に行っていたこともあり、幼い頃から憧れがあったからです。

 

ロンドンに行く方はこの記事もおすすめ

イギリスロンドンでは日本食より中華!留学生を支える安い老舗店はどこ?

 

 

場所は気に入ってないけど

日本人がいなさそうだからアメリカの田舎町にしてみた。

 

実際に行くと、言葉が通じないのが当たり前。

嫌な思いをすることもきっとあります!

 

こんなネガティブなシチュエーションになった時

この場所を選んだのが悪かったのかも・・と後悔

 

それってすごく損した気分になりますよね!!

 

周辺の環境・季節的な問題・語学学校の方針など

判断の基準にしたいことは挙げれば切りがないです。

 

けどせっかく同じようなお金を払うなら

好きな場所で満足した方が良くありませんか(^^)?

 

留学へどうしても行きたくない人も存在する

 

私の友達の話ですが・・

その子は大学生時代に、母親から留学を勧められたそう。

アメリカに知り合いもいるし、お金も出してあげるから行ってきなさいと。

きっと教養の面で、できるうちに経験をさせたいと思ったのでしょう。

 

けど当の本人は断固拒否!!

 

もともと人見知りで、旅行は好きだけど知らない人の輪に入るのはイヤ。

ホームステイで他人と暮らすなんて考えられない!!!

 

私はそういった感覚を持ったことがなかったので

留学に対する考えも、本当にさまざまなんだなと。

もともと無理をして行くようなものでもないですけどね(-_-)

 

まとめ

●留学は損得で考えず、行きたいか行きたくないか。

●実際に損をしてしまったと思っても、得をするシチュエーションがどこかに必ずある。

●年齢で諦めるのはもったいないので、納得できる学校や場所を探してみる。

●優柔不断は「迷ったら行動」で成功に繋げよう!

●失敗をしても「自分が決めたことだから仕方ない」と思う前向きな考えも必要。

●留学先は自分が好きで満足できそうな所を選ぶ。

●留学へ絶対に行きたくないという考えもなかには存在する。

 

留学に対する意見って、周りの友達も何かしら持っていると思います。

迷っている自分を後押ししてくれる、決断のヒントが隠れているかもしれませんね(^^)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-留学
-, , ,

Copyright© 旅行×旅りょこうたび│ディズニーとエンタメの新しい世界 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.