USJ新エリア予想!ミニオンのアトラクションが混雑しない理由

更新日:

2017年春に新エリアをオープンするUSJ
待望のアトラクションは「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」に決定!

 

ここ最近の新アトラクションでは、今年2016年3月18日にオープンした

「フライング・ダイナソー」がありましたね(^^)

 

 

開園後20分で、その日の受付は終了。

結果的に12時間待ちという数字をたたき出したそうです。

前日の閉園22時から、オープン当日の入場ゲートに行列を作っているほどでした。

 

 

しかし今回のアトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」は、ここまでの混雑にはならない!

と思える理由があるのです。

 

それは・・

 

ミニオンをテーマにしたアトラクションや施設が、海外で既に存在しているから。

 

例えばユニバーサルスタジオハリウッドにある
「Dispicable Me Minion Mayhem」というアトラクション

 

3Dシアターでミニオンの世界を体験。

スリル満点!大人も十分に楽しめると、行った方の評判も大変高いです。

 

 

ところで、フライングダイナソーがなぜ人気なのか、みなさんわかりますか?

それはダイナソーをテーマにしたアトラクションが、日本にしかないからです。

 

 

一度乗ってみたい!
体験しておもしろかったから!

 

と思うファンがいるのも、人気が急上昇した理由の一つです!

 

しかし一番注目したいのは、この乗り物はUSJが一から開発した独自のもの。

ダイナソーというコンセプトも、海外のコピーではないんです!

 

 

 

世界初のアトラクションが日本で体験できると言われると、注目の度合いが違いませんか?

 

他のシチュエーションで例えると・・

 

ニューヨークで大人気のアパレルブランド
待望の日本1号店が表参道にオープン!

これを記念した店舗限定のTシャツが発売されます。
世界でここでしか買えない (乗れない)

 

しかもそれは、自分が誰よりも先に手にしたい(乗りたい)!

と思うようになるんですね。

 

そういった考えや評判が、人気を加速させていくんです。

 


 

話しを戻しますが、今回のアトラクションは

シアター型ではなくライド型です。

 

ハリウッドと同じ物でもありません。

しかし、ミニオンというコンセプトだけを考えると日本が初めてではなく、オリジナルでもないんですね。

 

 

「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」がそこまで混雑しない

 

もう一つ大きな理由があります。

それは・・

新しくできるのは、あくまでもエリアだから。
ライド・アトラクション以外にも、ショップやフードカートを予定しており、巨大な複合施設になるといわれています。

 

なので

アトラクションが何よりも一番!
限定フードやグッズを手に入れてSNSにあげたい!

 

のように、同じ来園者でも目的の違いが出てくると思うのです。

 

グッズを買ってからアトラクションに並ぼう
とりあえずミニオン・パークのエリアを一周してみよう

 

という方もいるかもしれませんよね。

 

 

今回のポイントはフライング・ダイナソーのように、人が集まる場所が限定されません。

なのでミニオンというカテゴリの中で、必ず分散するはずなのです。

 

ここまでの話しをまとめると・・

 

世界最大のスケールになることは間違いないので、もちろん来場者は増える。

しかし日本発のコンセプト(キャラ)ではないので、注目度は少し薄い。

エリア内で人が分散されるので、アトラクション自体の並びは軽減される。

 

ということになります。

 

 

しかし忘れてはならないことが・・

それはUSJに来るゲスト達は、並ぶことに慣れてしまっているという現状。

 

行列や混雑は当たり前!フライング・ダイナソーの12時間待ちに比べれば余裕でしょ!と思えてしまうことで

更に熱を上げる結果にもなりかねません。

 

 

不思議なことに、人の集まるところに人は寄ってきます。

そんなにおもしろい物があるのかと、興味が沸く経験ってどうしてもあるんですよね。

 

オープンはまだ先ですが、実際はどうなっていくのか・・
是非今後に注目していきたいですね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-USJ
-, , , ,

Copyright© 旅行×旅りょこうたび│ディズニーとエンタメの新しい世界 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.