WBCビデオ判定vs肉眼!審判の意味はどこに消えた?

投稿日:

WBCビデオ判定vs肉眼!審判の意味はどこに消えた?

2017年WBC準決勝は日本vsアメリカ!ビデオ判定が繰り返され、試合が進まない場面がありましたね。キリがないこともあり、プレイ内容より審判の必要性に注目が集まっています。

見ていて違和感ばかりなWBC!肉眼は信用できない?審判の意味を思い出してみることにしましょう。

 

スポンサーリンク

ビデオ判定とは

審判の肉眼での判定が難しいときや、審判員の判定に異議があるときに、撮影・録画されたビデオ映像を見直し、正式な判定を行うこと。

野球に関係なく、他のスポーツ競技でも行われていますね。今回のWBCにいたっては、準決勝からこのビデオ判定の回数が無制限になっています。

 

判定が合っていたらペナルティになる?

ぺんぎん
審判が間違っていなかったら、チームは不利になるよね。
くまさん
実はペナルティがないから、無制限を良いように利用してしまうんだよ!

 

もちろん間違っていれば判定は覆せます。実際に今回の準決勝でも、ダブルプレーの判定が変わってしまいました。

しかし正当な場合は、チームへのペナルティはありません。

 

ということはビデオ判定はやらなきゃ損!!

解説者もそのように言うくらいですから、何でも文句を言って良いと容認しているように聞こえます。

 

ハーフスイングはビデオ判定する?

バッターがスイングをしたかどうかの判断がありますね。しかしこれに関しては、ビデオ判定をしないようです。

ここまで容認してしまったら、試合は終わる気配がしません。選手たちもストレスばかり。

 

審判の意味

ぺんぎん
判定が優先されないなら、審判って何の意味があるの?
くまさん
審判が悪いわけではなくて、このシステムって本当に必要?と思うよね

 

確かに不公平な判断をなくすメリットはあります。だったら最初から「判定は全て映像に任せれば良い」と思うのも無理はありません。

正当な試合にはなるが、単純にストレス。スポーツは流れがないと、盛り上がりが欠けるように思います。

 

問題なのは回数が無制限ということ

かといって、ビデオ判定が全くないのはまずい。審判の肉眼だけでは無理があるからです。

一番注目したいのは、短時間で何回も申告するのが良くないということ。

回数のバランスを考えたルールが必要ということですね。

そうすれば、審判の存在意義なんて考えなくても良いのです!笑

 

今後はどうなる?

今のWBCは準決勝からメジャーリーグ公式戦と同じルールです。

しかしビデオ判定に関しては、ルールの見直しをする可能性が高く「ペナルティなしのビデオ判定」の必要性が問われることになります。

チャレンジシステムにしたり、回数制限を設けるのかがポイントですね。不思議な設定ではありますが、勝敗が関わる大事なものなので、今後も注目したいところです。

 

おすすめ記事

 

まとめ

正当な判定をして欲しい反面、回数無制限のビデオ判定には違和感がある

肉眼で判定する審判の力は、いかなる場合でも必要

今後のポイントは、ルールと審判判定のバランスがどう変わるかということ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 旅行×旅りょこうたび│ディズニーとエンタメの新しい世界 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.